投資のことに疑問を持つ人たちのイラスト

「投資はしてみたいけど色々心配なことがある…」という方は多いですよね。投資は副業になるのか、会社にばれたらまずいのか、など、考えれば考えるほど疑問が浮かびます。投資を始めるならその不安を取り除いてから始めましょう。

いすゞやスマホ部品メーカーの投資は海外事情に注目

日本企業の株価は海外の経済事情に影響されますので、投資する際には海外の情勢に注目しなくてはなりません。現在日本でスマートフォンの部品を作っているメーカーは、どこも技術力に優れ、日本国内でも外国でも評価が高い企業ばかりですが、供給する相手先の世界的スマートフォンメーカーが不振だったり、新スマホのデザインが不評で売り上げが伸びなかったりしますと、日本の部品供給メーカーの出荷も減り、株価も下がってしまいます。また、日本国内には部品メーカーだけでなく、例えばスマホ向けゲームの企業も多くあります。それらにも全体的に影響しますので、これらの国内スマホ関連企業に投資する際は、世界中でスマートフォンがどのように売れているか、例えば買い替え需要などが今後どのような見通しか、などに常に注目していくようにします。なお、このような部品供給メーカーの場合、「過去はスマートフォン部品を多く作っていて依存していたが現在は作っていない」などというケースも考えられます。その場合、もしスマートフォン市場が不振になっても、そのメーカーは既に関係がなく、つられて株価が下がったら風評に過ぎないことになります。投資する場合はそのような点にも注意します。海外に影響されるのは、いすゞのような自動車メーカーもあてはまります。いすゞは大変安定した優秀な会社ですが、外国への輸出も多いので各国の情勢に関係します。例えば中国は経済が低迷と言われていますし、いすゞが最近新工場を作ったインドネシアも経済に懸念ありという状態です。いすゞに投資する場合は、いすゞが多く輸出している国の好況不況、あるいは円高円安を考えながら行なうとよいです。円高の状態ですと輸出にマイナスです。なお、いすゞは日本の大手商社と一緒にベトナムと提携を結び、力を入れていますが、いすゞは複数の大手商社が大株主になっています。こういう点にも注目していくといいです。